肥満かも?と思ったらまずチェック!

飼っているワンちゃんが肥満かどうかは、犬種別の適正体重を知るほか、下記のボディコンディション・体型を確認することで判定できます。

 

モグワンドッグフード

 

肥満犬のボディコンディションスコア(BCS)と体型

 

痩せ やや痩せ 理想的 やや肥満 肥満
モグワンドッグフード モグワンドッグフード モグワンドッグフード モグワンドッグフード モグワンドッグフード
助骨、腰椎、骨盤が外から容易に見え、触っても脂肪が分からない状態。腰のくびれと腹部の吊り上がりが顕著。 助骨を容易に触ることができ、上からみたときの腰のくびれは顕著で、腹部の吊り上がりも明瞭。 過剰な脂肪の沈着なしに、助骨が触れる。上からみてジョコツの後ろに腰のくびれが見られ、又横から見て、腹部の吊り上がりも見ることができる。 脂肪の沈着はやや多いが、助骨あ触れる程度である。上からみて腰のくびれは見られるが、顕著ではない。腹部の吊り上がりはやや見られる程度。 厚い脂肪におおわれており、助骨を容易に触ることができない。また、腰椎や尾根部にも脂肪が沈着しており、腰のくびれはないか、ほとんど見られない。さらに腹部の吊り上がりも見られないか、むしろ垂れ下がっている状態である。

出典:環境省「飼い主のためのペットフード・ガイドライン〜犬・猫の健康を守るために〜」

 

ボディコンディションスコアで特にチェックするポイントは、助骨、背骨、腰骨です。また、理想体重の10〜15%を超えてしまうと肥満と判定されてしまいます。

 

人間と同じように、肥満は様々な病気を引き起こします。図表を参考にして、ご自身が飼っているワンちゃんが肥満でないか(もちろん痩せすぎでないかも!)確認して、肥満となるようであれば改善するように心がけましょう。

肥満の原因

ワンちゃんが肥満になってしまう主な原因は以下の通りです。

 

モグワンドッグフード食事量が多い
モグワンドッグフード運動不足
モグワンドッグフード避妊や去勢手術による影響
モグワンドッグフード加齢
モグワンドッグフード遺伝
モグワンドッグフード病気や怪我

 

食事量が多い

”美味しそうにたくさん食べてくれるから”と言って、必要以上にえさを与えすぎていませんか?

 

可愛いからと言ってついついおやつを与えてしまう、おねだりされる度におやつを与えてしまう、これではすぐにカロリーオーバーになってしまい、肥満になりかねません。

 

ドッグフードや、ワンちゃん用のおやつにはパッケージに1日の規定量が記載されていますので、これを守りワンちゃんの肥満を防ぎましょう。

 

運動不足

人間と同じく、ワンちゃんも摂取カロリーが消費カロリーよりもオーバーすることで肥満へつながります。

 

犬小屋の鎖につないだまま、ゲージに入れたままでは運動量も少なく、肥満になりやすいです。散歩などでワンちゃんが運動する機会を増やしてあげるようにしましょう。ワンちゃんも散歩することで肥満を防ぐとともにストレスも解消され一石二鳥でしょう。

 

避妊や去勢手術による影響

ワンちゃんの卵巣や精巣を取りのぞくと、体内のホルモンバランスが乱れ、基礎代謝が低下したり、食欲が増進し肥満に繋がることがあります。

 

加齢

人間と同じく、ワンちゃも年齢とともに基礎代謝が下がっていきます。今までと同じ食事量を与えているのにいつのまにか肥満に・・ということもあります。やはり、年齢にあった食事量と適度な運動が大事と言えます。

 

遺伝

遺伝的に太りやすい犬種がいくつかあります。具体的にはラブラドールレトリバー、ミニチュアダックスフンド、コッカースパニエル、パグ、柴犬などで、逆に太りにくい犬種もあります。シェパードやドーベルマンなどがそれです。確かに、太ってるシェパードやドーベルマンって見たことがないような・・・

 

病気や怪我

”食事の量も適正、適度な運動もしている、なのに太ってきたな〜”という場合に内分泌系の病気の可能性を疑うべきでしょう

 

甲状腺機能低下症やクッシング症候群などの内分泌系の病気は、ホルモンバランスが乱れ体重が増えることがあります。
また、関節炎にかかっているワンちゃんや、下半身不随のワンちゃん、怪我をしていて動けないワンちゃんはどうしても運動量が減少し肥満になりやすくなります。

適切な食事と適度な運動が肥満を防ぐ!

ワンちゃんも人間と同じように、食べ過ぎたり運動不足が肥満に繋がります。

 

モグワンドッグフード,肥満

 

また肥満は関節炎や椎間板ヘルニア、糖尿病その他の弊害の元となります。飼っているワンちゃんが肥満である場合、または肥満でなくても今後肥満にならないためには適切な食事を適切な量与え、適度な運動をさせることにより、摂取カロリーが消費カロリーをオーバーしないようにすることが必要です。

 

ただし、肥満気味のワンちゃんを短期間で痩せさせよう!と無理な食事制限や運動をさせることはナンセンスです。

 

とくに、肥満気味のワンちゃんを無理にはしらせると間接や心臓への負担が大きく怪我に繋がってしまう恐れもあります。ワンちゃんの様子をみながら無理のないダイエットをさせてあげることが大切ですね。

 

トップページでご紹介しているモグワンドッグフードはドッグフードの中でも低脂肪・低下カロリーであり、またワンちゃんに必要な栄養素が少ない量でもしっかりと摂ることが出来るため肥満気味のワンちゃんにもおすすめです。この様に、低脂肪・低カロリーのドッグフードを肥満対策に取り入れてみてはいかがでしょうか!

 

モグワンドッグフードを愛犬に与えてみた口コミに戻る

 

関連ページ

愛犬チロルもなった椎間板ヘルニア
愛犬のチロルも昔椎間板ヘルニアになり手術を経験しました。再発防止のために気をつけていることやチロルお気に入りのドッグフードを紹介します。
皮膚炎・アレルギー性皮膚炎
皮膚炎はワンちゃんがかかりやすい傷病ランキングbPです。その原因は多岐にわたりますが、普段与えているドッグフードを見直してみるだけでも改善が期待される場合もあります。
目やに・涙やけ
目やにや涙やけを放置しておくと結膜炎や急性緑内症を発症してしまう恐れがあります。毎日のケアや、ドッグフードの見直しが目やに、涙やけの予防、改善に繋がります。